もっと知りたい生命保険のお話

自己負担が上がる前に知って良かった
医療・介護の対象として どのような準備が必要なのか、詳細は、保険クリニックにご相談下さい。
保険無料相談予約キャンペーン開催!!
保険の悩みは保険クリニックで解決!

株式会社ゲインの保険無料相談ネット予約ページへ

もっと知りたい生命保険のお話日頃、なかなか気軽に聞くチャンスがない生命保険について保険のプロに教えていただきました!
生命保険改正内容

  • 70歳以上75歳未満の方については2割負担に見直されることとされているものが、据え置かれているものです。
  • 現役並み所得とは、原則として標準報酬月額28万円以上の者をいう。

具体的にどのようにかわるの?

吹き出し
一般生命保険料控除(所得控除限度額:所得税5万円、住民税3.5万円)だったものが、保険の種類によって、一般生命保険料控除(所得控除限度額:所得税4万円、住民税2.8万円)と、介護医療保険料控除(所得控除限度額:所得税4万円、住民税2.8万円)にわかれます。個人年金保険料控除はそのままですが、所得控除限度額が、旧制度では所得税5万円、住民税3.5万円だったものが、新制度では所得税4万円、住民税2.8万円となります。

新制度が適用される契約には
どのようなものがある?

吹き出し
平成24年1月1日以後に締結された契約が該当しますが、平成23年12月31日以前の契約についても、平成24年1月1日以後に、特約の中途付加や満期による更新など契約内容の変更が行われた場合、当該変更時から新制度が適用されます。

それぞれの契約について新制度か旧制度か、
またどの控除区分が適用されるのか確認する方法はあるの?

吹き出し
保険会社によっては控除証明書上に適用される制度、控除区分ごとの証明額を表示する等の対応をとる会社もありますが、代理店に問い合わせていただいても結構です。

旧制度適用、新制度適用の
両方の契約がある場合はどうなるの?

吹き出し
両方の精度適用の契約がある場合、「一般」と「個人年金」については、各控除ごとに
①旧制度適用のみで申告 ②新制度適用のみで申告 ③旧制度適用と新制度適用の両方で申告
のいずれかを選択することができます。③の場合は、合計額が申告額となりますが、所得税4万円、住民税2.8万円が所得控除限度額となります。また、全体の所得控除限度額は所得税12万円、住民税7万円となります。

  • 平成24年2月時点の制度に基づき作成しております。詳しくはお近くの税務所にご確認下さい。

保険の詳しいお話は、なかなか聞く機会がないものです。金原さんのような保険にとても詳しい方にいつでもお話を聞けるのがお近くの保険ショップです。皆さんもご自分の保険の相談、気軽にしてみてはいかがでしょうか?
保険の悩みは保険クリニックで解決!

株式会社ゲインの保険無料相談ネット予約ページへ

もっと知りたい医療保険のお話医療保険と言っても強制加入の公的医療保険と任意加入の民間医療保険の二つに分けられます。
日頃、なかなか気軽に聞くチャンスがない医療保険について保険のプロに教えていただきました!

生命保険改正内容

  • 70歳以上75歳未満の方については2割負担に見直されることとされているものが、据え置かれているものです。
  • 現役並み所得とは、原則として標準報酬月額28万円以上の者をいう。

民間の医療保険に加入する必要があるの?

吹き出し
公的医療保険適用後の自己負担の医療費以外に、入院時の食費、差額ベッド代、病衣、ご家族の交通費など、病気の治療にはいろいろと費用がかかります。休職することによって収入が減ることも考えられ、それらを補うためにも、民間の医療保険にご加入をおすすめいたします。

持病があるので医療保険に加入できないのでは?

吹き出し
今まで健康上の理由で医療保険に加入できなかった方も、引受基準緩和型(保険会社の引受基準が緩い)商品の登場で、医療保険に加入しやすくなってきました。通常タイプの医療保険に比べ告知項目が少なく、持病をお持ちで服薬中の方でも加入できる可能性が十分にあるのが特徴です。
また、今話題の先進医療特約を付加できる保険会社もありますのでいろいろな保険会社の特徴を検討していただくことをお勧めします。

先進医療をよく耳にしますが、そもそもどういう医療なの?

吹き出し
先進医療とは、最先端の医療技術のなかで、厚生労働大臣によって承認を受けた医療機関で行われる特定の医療技術の事です。種類は、平成23年3月1日現在121種類あります(詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください)。特に高額になると言われているのが陽子線治療と重粒子線治療です(医療機関により異なりますが約300万円かかります)。しかし、健康保険が適用されないため治療費は全額自己負担になります。そのため、ほとんどの保険会社が先進医療特約を付けることにより治療費を保障しようとしています。岐阜県近隣では、平成23年3月に福井県陽子線がん治療センターが開始、また現在、名古屋市内に陽子線治療施設が建設中です。

がん保険に加入する必要があるの?

吹き出し
加入されることをおすすめします。というのも、一生涯のうちにがんにかかる率が、男性で2人に1人、女性で3人に1人という統計が出ています。《出典:H22年「がんの統計」(財団法人がん研究振興財団)》しかも、がん治療は入院時だけでなく退院してからの通院治療にも多額のお金が必要です。入院期間が短期化し、通院治療が長期化する傾向から、がんの通院治療(抗がん剤治療や放射線治療)を重視したタイプの保険も登場してきています。是非ご検討をしていただきたいと思います。

医療保険、通販やインターネットでの
申し込みをしたほうが安くないの?

吹き出し
通販やインターネットでの申し込みのみ取り扱いをしている保険会社であれば確かに安いですが、注意しなければならないのは保障内容です。医療保険はますます複雑化していますので、自分が本当に必要としている保障内容をしっかりと相談し、複数の会社から一番合ったものを選ぶ必要があります。

保険の詳しいお話は、なかなか聞く機会がないものです。金原さんのような保険にとても詳しい方にいつでもお話を聞けるのがお近くの保険ショップです。皆さんもご自分の保険の相談、気軽にしてみてはいかがでしょうか?
保険クリニック4つの特徴

株式会社ゲインの保険無料相談ネット予約ページへ

クイック検索

このページの先頭へ